【赤ちゃんの熱中症対策】保冷剤が役立つ!ベビーカー・抱っこ紐・チャイルドシートにも

こども

暑くなってくると、赤ちゃんの熱中症がこわい・・

  • 熱中症対策に保冷剤が便利ってほんと?
  • どんな保冷剤でもいいの?
  • いつ/どうやって使うの?

暑い日は、35度を超えることも・・!
そんな中、赤ちゃんとのお出かけで気になるのが熱中症ですよね。

  • 抱っこ紐だと密着して暑い
  • ベビーカーは地面が近くて暑い
  • 夏の車内のチャイルドシートも暑い

赤ちゃん連れのママにとって必須アイテムとなるのが、保冷剤です。

夏は、持ち物リストに保冷剤を追加しよう!

ー本記事でわかることー

熱中症対策になる保冷剤の選び方
保冷材の使い方(ベビーカー・抱っこ紐・チャイルドシート)
保冷剤以外の熱中症対策アイテム

保冷剤があるかないかで、赤ちゃんの快適度が全然違います。
大事な我が子が熱中症にならないように対策をしっかりとっていきましょう! 

スポンサーリンク

赤ちゃんの熱中症対策【保冷剤の選び方】

暑い日の赤ちゃんとのお出かけ時には、保冷剤を持ち歩きましょう。

  • 抱っこ紐
  • ベビーカー
  • 車移動

どれであっても、保冷剤は必ず役立ちます。必需品です。

極論、冷やすことができればどんな保冷剤でも良いのですが、できれば凍っても固くならない保冷剤を選びましょう。

カチカチの保冷剤だと当たったときに痛いからね

固くならない保冷剤は、100円ショップでも売られていますよ。
子どもが小さいうちは、保冷剤はいくつか持っておくと重宝します。

スイーツを買った時についてくる保冷剤も取っておくと良いね!

子どもがイタズラして噛んだりしないように注意しよう

赤ちゃんの熱中症対策【保冷剤の使い方】

効果的に体をクールダウンさせるために

  • わきの下
  • ソケイ部

に保冷剤をあててあげましょう。

太い血管が通っている場所を冷やすと、体が冷えやすい
  • 抱っこ紐
  • ベビーカー
  • チャイルドシート

それぞれの場合の保冷剤の使い方を、便利アイテムと一緒にご紹介します。

抱っこ紐

抱っこ紐は、ママと赤ちゃんがピッタリと密着するのでお互いに暑いですよね。

暑い日は、ママと赤ちゃんの間に保冷剤を挟みましょう。
それだけで暑さが軽減されます。

赤ちゃんの首も保冷剤で冷やすと、より効果的です。

保冷剤は、ハンドタオルなどで包んで使用してね

私は保冷シートを使用していました。

  • 抱っこ紐
  • ベビーカー
  • チャイルドシート

何でも使えて便利です。

冷やした保冷剤をポケットにいれて、赤ちゃんを抱く前の抱っこ紐に装着するだけなので、使用もカンタン!

ベビーカー

ベビーカーは地上から近いので、赤ちゃんにとって負担が大きいです。

地面の温度:57℃
ベビーカー(人形の頭の位置):50℃
地表から120cmの位置:41℃

午後1時にベビーカーを路上に置いてから15~20分経過後の測定でしたが、驚くほど高い温度が計測されました。

アスファルトの上では、太陽の照り返しも強烈なので、気温も非常に高くなります。

【子どもの熱中症対策】とまらぬ猛暑!子ども目線で「暑さ」を検証

ベビーカーに乗せると、赤ちゃんの背中がシートと密着しますよね。
背中の熱を下げるためにも、背面を冷やすように保冷剤をあててあげましょう

↑このようなアイテムだと、

  • 背中
  • ひざ裏

を一気に冷やせるので、ベビーカーを使うときはあると安心・便利です。

ベビーカーを頻繁に使うご家庭にオススメ

チャイルドシート

チャイルドシートは、しっかりとベルトを締めるため背中が蒸れやすいですよね。

暑い日に車を使うときは、事前に車内を冷やしておきましょう
チャイルドシート本体が熱を持ってしまっています

赤ちゃんを乗せるときは

  • 保冷剤を入れた保冷シート
  • タオルで包んだ保冷剤

どちらかを赤ちゃんの背中とチャイルドシートの間に挟みましょう。

後部座席にエアコンがついていない場合は、簡易扇風機を取り付けると後方にも冷風が届きます。

簡易扇風機を購入の際は、

  1. クリップで固定できる
  2. 首が上下左右に動かせる

を選ぶと使い勝手が良いですよ。

クリップタイプだと、どこにでも使用できるのでベビーカーにも◎

ベビーカーに使用するときは、赤ちゃんの上方向から風を送りましょう。(ベビーカーの屋根部分に取り付けます)
下からだと、赤ちゃんに熱風を送ってしまうため危険です!

USB充電式の場合は、お出かけ前に充電の有無を確認しましょう。
我が家は何度か、やらかしてしまってます・・

赤ちゃんの熱中症対策に【お出かけ時の持ち物】

暑い日のお出かけには、

  • 保冷剤を数個
  • 扇風機
  • ママ、赤ちゃんそれぞれの飲み物
  • 保冷バッグ

を持ち歩きましょう。

保冷剤は、時間が経つと溶けてぬるくなってしまうので予備の保冷剤を持っておくと安心です。
予備の保冷剤と飲み物を保冷バッグに入れておくと、飲み物もぬるくならず・保冷剤も溶けにくいです。

熱中症予防には、水分補給も欠かせません。
親子でこまめな水分補給を意識しましょう。

【赤ちゃんの熱中症対策】保冷剤が役立つ!ベビーカー・抱っこ紐・チャイルドシートにも まとめ

赤ちゃんの熱中症対策に、保冷剤を活用しましょう。

  • 凍らせてもかたくならない保冷剤を使う
  • 保冷シートが便利
  • 首・ワキ・背中を冷やす
  • 予備の保冷剤も用意しておく(保冷バッグに入れる)

他にも

  • 簡易扇風機を使う
  • こまめな水分補給をする

などして、熱中症対策が取れます。

夏のお出かけは、親子で快適な時間を過ごせるように準備しておこう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました