【1~3歳】年齢にあった知育おもちゃ選びと効果【オススメまとめてます】

おもちゃ
  • 年齢や性別でおもちゃ選びは変わる?
  • 年齢に合った知育おもちゃを探してる
  • 知育おもちゃで得られる効果ってあるの?
  • おもちゃ以外に知育効果があるものを知りたい

こんな疑問にお答えします。

  1. 年齢ごとに必要な知育要素とその効果
  2. 年齢別におすすめの知育おもちゃをまとめました。
  3. おもちゃ以外にも知育によいアイテムもあります
  4. おもちゃ以外の知育アイテム

筆者には、

  • 4歳児の女の子
  • もうすぐ2歳になる男の子

2人の子どもがいます

私自身、知育に興味があり、色んなおもちゃを試しました。
ママ友にも「おもちゃが多いね!」と言われるので、わりと多くのおもちゃに触れていると思います。

本記事を読めば、

  • 年齢ごとの知育要素と効果
  • 性別を考えておもちゃを選ぶべきなのか
  • 1歳~3歳におすすめの知育おもちゃ

などがわかりますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

【年齢別】成長に合った必要な知育要素とその効果【性別】

車で遊ぶ幼児

子どもに、闇雲におもちゃを与えても知育効果は期待できません。

時期や成長に合ったおもちゃを与えてこそ、様々な力を伸ばすことができます。

1歳から3歳それぞれの時期に伸ばしたい知育要素と効果について知っておくと、おもちゃ選びがしやすくなります。

1歳児に必要な知育要素と効果

1歳になると、手や指を使った動作ができるようになります。
よって手や指を使う知育おもちゃを選ぶのが、この時期に適しています。

  • 置く
  • 押し込む
  • 積む
  • つまむ、など。

手や指のはたらきは、大脳のはたらきとも関係が深いので、「手先が器用だと知能が高い」と言われます。
とくに親指と人差し指を使うほどに、脳が刺激されます。(つまむ動作やピアノの鍵盤を押すなど)

1歳児は、探求心も旺盛です。
気になるものは徹底的にチェックする1歳児あるある!

  1. 安全
  2. 探求心を満たす
  3. 手先を使う、おもちゃがオススメ!

幼児期は、五感を発達させると、脳の活性化につながります

  • 叩いて音を出す太鼓
  • 指で鍵盤を押すと音が出るピアノ

など手と耳を使うことで五感を刺激できます。

このように、楽器おもちゃも知育に良いことがわかります。

~効果~

■手先を使って脳へ刺激を与えると、知育効果アリ
■五感を発達させれば、脳を活性化させられる

2歳児に必要な知育要素と効果

2歳になると

  • 手先がより器用になる
  • 想像力を膨らませる
  • 視覚から得た情報を判断
  • ことばの理解・発達

といった成長が見られます。

このような力を、より伸ばすために

  1. 手先を使う
  2. 想像をして作り上げられるものや遊び(シール貼り・ブロック・おままごとなど)
  3. カタチや量を比べられる
  4. 語彙力を増やせる

こういったおもちゃやアイテムを用意すると良いです。

例えば、シールを貼りの場合

  • シールをめくる
  • シールを貼る

親指と人差し指を使う動作をします。

親指と人差し指を使う動作は、特に脳に刺激を与える

月齢を重ねると、ただシールを貼るだけでなく、

  • 「このお菓子のシールは、女の子の手に持たせてあげる」
  • 「お肉のシールを口の中に貼る」

など、視覚で得た状況を判断してシールを貼る場所を考えるようになります。

■視覚で得た情報の判断
■想像力を使う

また、2歳ごろには

  • 色の違い
  • 大小
  • 長短

といったことも比べられます。

1つのアイテムにすべての要素が詰め込まれていなくても大丈夫です。

子どもの年齢に応じた成長ポイントを促せることができれば効果があります

~効果~

■手先を使って脳を刺激する
■想像力を伸ばすと、人を思いやれる
■ことばの発達で表現力や語彙力が伸びる

3歳児に必要な知育要素と効果

3歳は、

  1. 考える力や
  2. 数量を認識する力
  3. 文字の読み書き

を育てます。

「どうしたら、これができるだろうか?」
「どうすれば、この形になるだろうか?」

想像力を自分で働かせて、考える状況を作るおもちゃを用意するのが効果的です。

例えば、

  • マグネットで組み立てるおもちゃ
  • ブロック
  • 粘土、など。

数量の認識は、

  • どちらが多いか少ないか?
  • また同じ数にするには、どうするか?

と考える力です。

3歳ごろになると、ひらがなの読み書きに興味がでてくるので、以下のようにしておくことをオススメします。

  • ひらがなの一覧表を壁に貼っておく
  • ひらがなを書ける環境を用意する

子どもの知的好奇心が芽生えたタイミングを逃さないことが、知育効果を高めるポイントです。

ひらがながある程度読めるようになれば、かるたを使ってみましょう。
ひらがなを完全にマスターします。

娘は、かるたのおかげで、ひらがなを楽しくマスターしたで!
4歳前には、大人みたいにスラスラ読めるようになってたよ♪

~効果~

■物事を解決するための論理的思考が身に着く
■表現力が豊かになる

性別によって差はあるのか?

男の子と女の子

性別で必要な知育要素に違いはありません。

ただ、性別によっておもちゃの好みに違いがでることもあります。

女の子なら、

  • おままごと
  • ぽぽちゃんなどお世話ができるようなもの

男の子なら、電車やくるまといった乗り物に惹かれる子が多いです。

プラレールやトミカが人気やんね♪

好みはそれぞれなので、男の子が女の子のおもちゃを好きでも良いし、その逆もしかり。

上にいる兄弟の影響もあるので、気にすることではないでしょう。

本人が楽しめるおもちゃならそれが一番良いのではないでしょうか。

【年齢別】オススメの知育おもちゃをまとめました

色んなおもちゃ

1歳から3歳におすすめの知育になるおもちゃをまとめました。

ほとんどが実際に持っているおもちゃなので、
使用した上でのオススメ商品ということです。

ぜひ参考にしてみてください。

1歳児にオススメの知育おもちゃ

1歳児にオススメなのは、

  • 手先を使うようなおもちゃ
  • 探求心を満たすおもちゃ

1歳児は、触ったり舐めたりしてモノを確認するので、

  1. 口に入れても安心できる素材
  2. 誤飲しないサイズ

こんなおもちゃを選びましょう。

積み木

積み木は、1歳のお誕生日プレゼントの定番でもありますね。

この積み木は、

  • 色がついているので視覚
  • 音が鳴ることで聴覚

が刺激されます。

五感を発達させることと脳の活性化はつながりが深いので、
積み木一つで

  1. 触覚
  2. 視覚
  3. 聴覚

を刺激できるこの積み木はオススメです。

長女の1歳のお誕生日プレゼントがこれでした

4年前に買ったにもかかわらず、ささくれだったりもせず安心して使えています。

4歳になった今でもたまに遊びますが、積み方や遊び方が当時と変わりました。

長く使える点もオススメできるポイントです。

いたずらボックス

1歳児のいたずら心好奇心を満たす、おもちゃはこちらがオススメです。

子どもって、おもちゃより本物を使って遊びたがりますよね。

ティッシュにしかり、リモコンにしかり…

そんな好奇心を詰め込んだいたずらボックスは、手や指先を使える知育おもちゃと言えるでしょう。

  • ティッシュをつまむ
  • 蛇口をひねる
  • コンセントを差す
  • チャイムを押す

触ると音が鳴る場所もあるので、

  1. 触覚
  2. 視覚
  3. 聴覚

を刺激できます。

手や指先に加えて、ひねるなどの手首を使う動作もできるので、手の動きの発達にも良いです。

マグネット絵本

手を使ってペタっとできるマグネット絵本もオススメです。

我が子も、貼ってははがし、貼ってははがしと繰り返し遊んでいました。

マグネットのペタっとくっつく感覚が楽しいようです。

誤飲しないように、大きめのサイズのマグネットか確認しましょう

2歳児にオススメの知育おもちゃ

2歳になると、手先の器用さが1歳のころより増します。

またマネが得意な時期なので、ママやパパのマネをして遊べるおもちゃがオススメです。

シールブック

最初は、シールを貼ることしかできませんが、慣れると自分で台紙からシールをはずして貼れます。

100均にもシールブックは豊富に販売されているので、試しに買ってみてもいいと思います。

ちなみに、シールブックはかさばらず、持ち歩きもできるので外出先で使えます。

結婚式に呼ばれた際に、シールブックを数冊用意。
おかげで、一度もぐずらず乗り切ることができたで!

ブロック

こちらは、対象年齢が1歳半からです。

こちらは対象年齢が3歳からですが、このブロックも比較的大きいので扱いやすいです。

うちは2歳のときに、こちらを購入しました。
はじめは、なかなかブロックを組み立てるのに苦戦していましたが、アンパンマンの人形もついているため楽しんでいました。

次第に自分で組み立てるようになったので、3歳でなくても遊べます。

このブロックは、我が家のおもちゃの中でも息の根が長く、4歳になった今も遊んでいます。

ロボットやお城など複雑なものを作れるようになりました。

ブロック遊びで、想像力をフルに使って遊んでるよ

ごっこ遊び①キッチンセット

マネが得意な2歳児に、「ごっこ遊び」もオススメです。

2歳児は、「これをしよう」という自分の目的に向かって動くようになります。

記憶の中にあるパパママの行動をまねて、おままごと遊びをしたりする子もいますよ。

キッチンセットは長く使えますし、普段の生活とリンクさせて遊ぶことができるので子供の社会性を育てることができます。

「○○のために作ったよ」とお料理を用意したり、
『誰かを思って何かをする』、という思いやりの心が芽生える瞬間に立ち会えます。

ごっこ遊び②大工さんセット

こちらも大工さんごっことして楽しめます。

対象年齢3歳~なので、正直2歳になったばかりの子どもには難しいです。
2歳半頃~上手に遊べます。

ことばずかん

気になる絵をペンでタッチすれば、アンパンマンのキャラクターが答えてくれる本です。

  1. のりもの
  2. 動物
  3. 身の回りのもの(掃除機・洗濯機・テレビなど)
  4. 数字
  5. あいうえお
  6. アルファベット

英語モードに切り替えられるので、飽きずに続けています。

子どもの知的好奇心をうまくくすぐっているみたいで、夢中でやってる!

詳しくは、こちらの記事をごらんください。

3歳児にオススメの知育おもちゃ

3歳になると、小さなパーツでも組み立てたり、ハサミを使えるようになったりと、より手先を起用に動かせるようになります。

加えて、想像力が豊かなので、自分で作りあげることができるおもちゃがオススメです。

マグネット

JANODのマグネットブックはめちゃくちゃオススメです。

カードをもとに、自分で必要なパーツ(マグネットになっています)を探し、カードに描かれた絵と同じものを組み立てるおもちゃです。

自分で考える力がつくし、できあがったときには達成感を味わえるのも良いです。

紹介したのは、乗り物シリーズですが、

  • 動物
  • 女の子・男の子の顔など

色んなシリーズがありますので、子どもの好みに合わせて選んでくださいね。

ひらがなが練習できるモノ

3歳になると文字の読み書きにも興味がでてきます。
そのタイミングですかさず、さっとひらがな学習できるおもちゃに誘導してあげてください。

アンパンマンのらくがきデスクは、1歳のころから持っていましたが、3歳になって文字に興味が出だしたときに一番活躍しました。

うまく書けなくても、ひらがななぞりシートがついているので、なぞって学べます。

「なぞれば書ける」という認識が子どもにもあるので、パパママが家事などで、手が離せないときも便利です。

ちなみに、このデスクは脚の部分が取り外せばすので、環境に応じて

  • 床で使用
  • デスクとして使用

という風にできます。

おもちゃ以外にも知育に良いアイテムがあります

知育関連のおもちゃはたくさん販売されていますが、おもちゃでないものでも知育に効果のあるアイテムがあります。

屋内ジャングルジム

体を動かすことも、脳の活性化に深く関係しています。

五感の発達=脳の活性化

外に出て、体をたくさん動かすことも積極的におこないましょう。

  • 風を感じたり
  • 暑さや寒さを感じたり
  • 鳥の鳴き声を聞いたり
  • 砂を触ったり、
  • 遊具で想像力も鍛えられます

しかし、あまりに暑すぎたり寒すぎたり、梅雨などで左右されてしまうのがお外遊びです。

そんなとき、室内用のジャングルジムが便利です。

うちにもあるのですが、遊具として以外でも機能しています。

  • 色の勉強
  • ジャングルジムを建物にみたてて、お店屋さんごっこ、など

ジャングルジムは、

  • どこに足を置けば、あそこに行けるのかな
  • 高いところまで登るにはどうしたら良いだろう

と自分で考えて動くので、『考える力』がつきます。

鉄棒も、ぶらさがることで背筋が伸びて、姿勢の改善に◎

通信教材

通信教材が知育に良いのは言わずもがなですが、もう一つの目的は

『机に向かう習慣をつけられる』という点です。

子どもは知的好奇心も旺盛です。

それを正しく満たしてくれるのが、教育のプロがつくる教材です。

習い事に通ってもよいが、通信教材の方が価格もお手頃で、子供とかかわる時間をとれるので良いと考えています。

無料のお試し教材もあるので、子供とやってみるのをオススメします。

うちは、

  • Z会
  • ポピー
  • ちゃれんじ

をお試しした結果、ポピーを始めました☆

ポピーのお試し教材については、記事にしていますので気になる方は、ぜひご覧ください☆

【1~3歳】年齢にあった知育おもちゃ選びと効果【オススメまとめてます】まとめ

まとめると、

■知育おもちゃは、年齢や成長にあったものを使うと知育効果が増す
■五感の発達=脳の活性化
■指先の器用さは知能の高さに関連がある
■性別によって好みがわかれることもあるが、子どもが楽しく遊べるのが大事

時期と成長にあったおもちゃを選んで、子どもの能力を最大限に伸ばしてあげましょう。

楽しく遊んで、賢くな~れ☆

コメント

  1. 太田光隆 より:

    年齢毎に選ぶポイントが纏められてるのはとてもありがたいですね。
    なぜその玩具がいいのか。と言う理由も分かりやすくて説得力ありますね~

    友人に小さなお子さんがいるので紹介したいです👍🏻✨

    • たしのこ たしのこ より:

      太田さん、コメントありがとうございます。
      記事じっくり読んでくださって嬉しいです☆
      おぉ!そうなんですね!お役にたてれば嬉しいです^^

タイトルとURLをコピーしました