【簡単】ふるさと納税を確定申告ナシで利用【ワンストップ制度】

お得サイト
お肉

ふるさと納税、興味はあるけど確定申告とか面倒だわ!

それに、「限度額を間違えると損する」って話じゃないか。


損するかもしれんのなら、ふるさと納税は使わない方が良いな

ワンストップ制度を使ったら、確定申告はいらんで!


限度額も簡単に調べられるから、損もせーへん☆

ふるさと納税って意外とハードル低いで!

ちまたで「得だ!」言われている、ふるさと納税も

  • 確定申告
  • 控除額
  • 上限額

こんな言葉が出てくるから、「なんかややこしそう…」と、身構えてしまいますね。

私も、「ふるさと納税で損した」なんて声も聞いたことがあるし、自分にはハードル高そうだからやめとこう….と思ってました。

でも、ワンストップ制度を知って、ふるさと納税のハードルがめちゃくちゃ下がりました!

そして、去年の冬についにふるさと納税デビューしました☆

ワンストップ制度を使えば、拍子抜けするくらい簡単に終わります

で、手元にはおいしいお肉が届く☆

記事を読むメリット

■確定申告なしで利用する方法がわかる
■寄付金の限度額がわかる・損しない!
■ふるさと納税のハードルが下がる
■ふるさと納税をやってみたい気持ちを後押しします

返礼品選ぶときが、めっちゃ楽しい☆
届いたお肉も、普段買わないイイお肉でうまかった~

節約してるなら、ふるさと納税は使わないと損やわ!

スポンサーリンク

ふるさと納税は簡単!【確定申告必要ナシ】ワンストップ制度を利用しよう

お肉

ふるさと納税とは、ある自治体に寄付をおこなうことで

  • 「寄付金-2000円」の金額分の税金控除できる(所得税と住民税)
  • 寄付した自治体から特産品をもらえる

2000円払うと

  • 税金は安くなる
  • 特産品をもらえる

ってことやな☆

ふるさと納税は、実質2000円で数万円の特産品を買えるというお得すぎる制度!
「さとふる」でふるさと納税!

すっごくお得なふるさと納税ですが、心配なのは

  • 損しない寄付金額の上限
  • 控除額の計算(確定申告の手続き)

ですよね!

でも、それぞれの不安点は私たちが特別になにかしなくても解決できます。

ふるさと納税はいくらまでが得?損しないために絶対チェック

パソコンで調べるイメージ

ふるさと納税を利用するなら、寄付金額に注意です。

損しないためにも、シミュレーションを使って上限をチェックすることです。

ふるさと納税サイトにシミュレーションや早見表がありますので、そちらで確認してみましょう。

もし、見当たらない場合は、総務省のふるさと納税のサイトでも確認できます。

寄付金の上限額は、

  • 収入
  • 家族構成

で変わってくるから、しっかり「自分の場合」を知らないとアカンで。

ふるさと納税の鬼門回避!ワンストップ制度を利用しよう

肉にナイフとフォーク

ふるさと納税で一番ややこしく見えるのは、税金控除の話ですよね。

「確定申告も面倒やし、ややこしくて苦手….」という人も大丈夫です!

ワンストップ制度というありがた~い制度があるんです、

ワンストップ制度とは

確定申告なしで、寄付金分の税金控除を受けられる制度

 

ふるさと納税の申し込み時に、「ワンストップ制度」にチェックをいれればOKです。

しばらくすると、寄付した自治体から書類が送られます。

その書類に

  • 必要事項の記入
  • 本人確認できる書類のコピー

をご同封して返送します。

以上!ワンストップ制度を利用すれば、私たちがすることはここで終わりです。

ややこしい計算もなにもしなくて済みますね☆

本人確認書類については以下の組み合わせを確認してくださいね。

マイナンバーカードの表と裏のコピー(合計2枚ですね)
②次のうち、どちらか一つをコピー

・マイナンバー通知カード
・マイナンバー記載の住民票

次のうち、どちらか一つをコピー

・免許証
・パスポート

③次のうち、どちらか一つをコピー

・マイナンバー通知カード
・マイナンバー記載の住民票

次のうち、どちらか2つのコピー

・健康保険証
・年金手帳
・提出先自治体が認める公的書類

 

寄付先の自治体と住んでる自治体が、情報通知して処理してくれるから楽チンやな♪

ふるさと納税でワンストップ制度を利用できる条件

肉(ソーセージ)

ありがたいワンストップ制度ですが、利用できる条件があります。

  1. ふるさと納税以外の確定申告が不要な給与所得者
  2. ふるさと納税の寄付先が一年で5自治体以下であること

自営業や高所得者の場合は、もともと確定申告が必要なので、ワンストップ制度は利用できませんので注意してください。

医療費の控除で確定申告が必要な場合も、条件からはずれるで~

ふるさと納税は簡単!【確定申告必要ナシ】ワンストップ制度で丸投げしちゃえ まとめ

ふるさと納税はワンストップ制度を使えば、めちゃくちゃ簡単に利用できます。

  • 寄付金上限額を知る
  • 返礼品を選ぶ
  • ワンストップ制度利用にチェックいれて申し込み
  • 送られてきた書類に必要事項記入と本人確認書類のコピー同封して返送

あとは、返礼品を待つだけ♪

以前より、ふるさと納税のハードル下がりましたよね!

返礼品によっては、節約にもなり、贅沢な気分も味わえるのでぜひ活用しましょう。

ちなみに我が家は、佐賀県のおいしい牛肉をもらいました。

「普段節約している分、返礼品で贅沢をする」というのが定番化決定です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました