【あっさり解決】メルシーポットの弱まった吸引力を取り戻す方法と効率UPアイテム

こども

メルシーポットの吸引力が弱くなった気がする・・
買い替えるしかないのかな?

  • 吸引力が弱くなった原因がわからない
  • 吸引力を復活させる方法が知りたい
  • 吸引がうまくできない・・
  • 奥の鼻水を吸い出すアイテムがあれば!

メルシーポットの吸引力が弱くなる原因は、大きく分けて2通りあります。

  1. 取り付けが不完全 
  2. 部品の劣化 

故障を疑う前に、この2点を疑ってみましょう。

使用歴4年の我が家のメルシーポットの場合は、部品を取り換えて吸引力がよみがえりました!

メルシーポット購入から数年経っていて、部品を一度も替えていない場合は、パッキン摩耗していないか をご覧いただくと即刻解決できる可能性が高いです。

鼻水吸引は、親子ともどもサッと終わらせたいですよね。

メルシーポットをうまく使いこなせなくて困っているママにオススメしたいアイテムもありますよ。

ー本記事でわかることー

♦メルシーポットの吸引力が弱くなる原因と解決方法
♦鼻水吸引をサポートするアイテム

スポンサーリンク

メルシーポットの吸引力が弱くなったら確認

 メルシーポットの吸引力が弱くなったと感じたら、以下5点をチェックしてみてください。 

  1. ボトルと蓋は水平に取り付けているか 
  2. ノズルがはまっているか 
  3. チューブ内に鼻水が詰まっていないか 
  4. パッキンが摩耗していないか(購入から数年経ってれば要チェック) 
  5. 水や鼻水がボトル内にある状態で倒したことはないか 

ボトルと蓋は水平に取り付けているか 

吸引力を高めるためには、ボトル内が密閉されるように蓋を取り付けないといけません。 

下の画像は、きっちり取り付けkられている状態です。
ボトルの裏から見たときに、パッキンのオレンジ色が見えません

下の画像のように、オレンジ色が見えているときは正しく取り付けられていません。
ボトル内は密閉されていない状態です。

パッキンがねじれていたり、水平に蓋をしないと吸えないので確認しましょう。

ボトル内を密閉させる蓋の取り付け方
  1. 蓋をボトルの上に水平に置く
  2. 両手でグッと下方向に力をかけて押し込む

うまくいかないときは、ゴムパッキンを少し水で濡らしてみましょう。 

ゴムの劣化を遅らせるためにも、毎度濡らしてから取り付けるのがオススメ!

蓋の取り付けにてこずる場合は、パッキンの摩耗が考えられます。 

ノズルがはまっているか 

画像のように、ノズルとチューブに隙間があると吸引力は落ちます。 

仕切りの部分までしっかり押し込んで使いましょう。 

洗って再度取り付けるときは、隙間ができてないか確認しましょう。

 チューブ内に鼻水が詰まっていないか 

チューブ内に鼻水がへばりついた状態だと吸引力が弱まってしまいます。 

鼻水吸引後は、水を吸って鼻水を流すのが鉄則です。

へばりついて取れない場合は、チューブをもみほぐしながら水を吸わせると取れます。 

それでもだめなときは、流水でチューブ内を洗浄もしくはストロー内を洗うブラシを使って洗いましょう。 

パッキン摩耗していないか 

  • 部品の取り付けもバッチリ
  • チューブもきれいな状態

それでも吸引力が弱いときは、パッキンの摩耗が原因かもしれません。 

メーカーも、一年に一回のパッキン交換を推奨しています。

パッキン表面がツルっとせずに、擦れた状態になっていたら買い替えましょう。 

うちはパッキンを替えたら、あっさり解決したよ
新品になると、ボトルの取り付けもスムーズになった!

購入後数年経っている場合は、パッキンの劣化の可能性が高い

水や鼻水がボトル内にある状態で本体を倒したことはあるか 

ボトル内に水・鼻水が入っている状態で倒れると本体に水が入ってしまうことがあるようです。 

吸引力が弱くなる原因としても挙げられています。 

私も何度も倒したことがあるのですが、故障には至っていません。 

翌日も吸引できていたので、少し様子を見ても良いかもしれません。 

気になる場合は、サービスセンターに問い合わせをしてみましょう。 

お客さまサービスセンター
03-4511-8855平日9:00〜18:00(土日祝日を除く)

【メルシーポット】鼻水吸引を効率的にするアイテム

鼻水吸引がうまくできなくて、手こずっちゃう・・

そんなママのサポートをしてくれるアイテムをご紹介します。

  1. ノズルを交換
  2. クリップを取り付け

この2つで、鼻水吸引の効率がグッとUPします。

メルシーポット使用の絶好のタイミングについてはこちらからどうぞ↓↓

【メルシーポット】鼻水吸引器を嫌がるこどもの対処法と吸引タイミング

ロングノズル 

ノズルをロングタイプのものに替えましょう。

子どもの小さな鼻、奥の鼻水を吸い出すには、ロングノズルが適役です。 

オススメなのは、ボンジュールというノズルです。

ベビースマイルと書かれていますが、メルシーポットでも使用可能です。

  • 柔らかいシリコン素材だから粘膜を傷つけない
  • 奥の鼻水にアプローチできる 

ボンジュールに替えるだけで、鼻水吸引の手ごたえがより感じられると思います。

べびちゃんクリップ

べびちゃんクリップという商品が、鼻水吸引をサポートしてくれます。 

  • どうしてもうまくできない 
  • 時間がかかる 

というママにオススメです。

クリップを使うことで、圧をかけて吸い出せるようになっています。 

口コミでの評価も高く、「クリップがないと困る」という声も。 

ですが、すでに吸引テクニックをお持ちのママには必要ないと思います。 

  • 短時間でサクッと終わらせたい 
  • 吸引が苦手 

な場合は便利です。 

【あっさり解決】メルシーポットの弱まった吸引力を取り戻す方法と効率UPアイテム まとめ 

「メルシーポットの吸引力が落ちた?」と思ったら

  • 部品の取り付けができているか
  • パッキンが劣化していないか

を確認しましょう。

  • メルシーポットを数年使っている
  • 取り付けがしにくい

場合は、パッキンの劣化が考えられます。

パッキンの状態を観察してみましょう。

鼻水吸引がうまくできないときは、アイテムを増やしてみましょう。

  • ロングノズルに替える
  • クリップを使う

だけで、鼻水吸引がしやすくなります。

せっかくメルシーポットを持っているんだったら、活用しないともったいないですよね。

本来のパワーを発揮してもらって、子どもの鼻水を吸い出してもらいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました