【実証済み】PCOSの改善/妊活にビタミンDは有効!意識するのは1つだけ

妊活のこと
  • PCOSを改善したい
  • 妊娠したい
  • PCOSにビタミンDが効くってほんと?
  • 効率的なビタミン摂取方法は?

このような疑問にお答えします。

本記事では、

  1. PCOSを改善して妊娠するために必要なこと
  2. PCOSの症状改善にビタミンDが有効な理由
  3. 妊娠希望者が効率的にビタミンを摂取する方法

について書いています。

私もPCOSを患っていて、不妊治療を経験しました。

妊活中は、「PCOSの妊活」について検索しては試す毎日でした。

そんなPCOSでも妊娠した私が、
PCOSの救世主となるビタミンDについてまとめました。

PCOSで妊活をしている人のお役に立てれば嬉しいです!

スポンサーリンク

【実証済み】PCOSの改善/妊活にビタミンDは有効!意識すべきはただ1つ

PCOSは、わりと身近な不妊症です。

妊娠を意識してから気づくことも多いと思います。
私がそうでした…

PCOSと妊活の根幹かつ重要な部分のお話をします。

PCOSを改善して妊娠をめざす

PCOSは、現在20人に一人がかかる不妊症だと言われています。

PCOSの原因は、ホルモンバランスの乱れです。

症状に、

  • 生理不順
  • 不妊

といったものがありますね。

こんな症状が出るということは、排卵機能も正常でないということです。

PCOSについて詳しくは、こちらに記事がございます。

排卵しないと妊娠しない

PCOSですと、そうでない人と比べて排卵のチャンスが少なく貴重です。
排卵をしないことがPCOSの厄介なところなんです。

排卵をしないと、受精できないのですから妊娠しません

つまり、PCOSの妊活において大事なことは「排卵させること」となります。
排卵をすれば、妊娠する可能性もあがるのでファーストステップとして排卵させることを目標にします。

妊活中に排卵をしないことに絶望してたで。
排卵せなスタート地点にも立たれへんやん・・って。
まずは、排卵する状態にもっていかなあかんのよね。

排卵させるために意識すること

PCOSの人が排卵をさせるために必要なのは、バランスのとれた食事です。
以下の栄養素をバランスよく摂取することは、健康な体づくりにおいて前提条件です。

各成分の妊活に関するはたらき
  • たんぱく質:人間の体に欠かせない成分。不足すると冷えや代謝が落ちる。
  • 鉄:赤血球をつくる。不足すると受精卵が着床しづらくなる。
  • ビタミンE:老化を遅らせる抗酸化作用を持ち、生殖能力に関係する。
  • 亜鉛:着床に関するホルモン作りをサポートする成分。
  • ビタミンA:皮膚や粘膜に必要な成分。妊娠初期に摂りすぎると赤ちゃんに影響がある。
  • カルシウム:卵子の細胞分裂に欠かせない。受精に役割をもつ成分。
  • ビタミンD:近頃、妊活に重要とされている成分。詳しくは後述。
 

それぞれの栄養素に、それぞれの働きがあります。

今回はその中でも排卵をサポートする「ビタミンD」を深堀りします。

PCOSの改善/妊活にビタミンDは欠かせない

  1. ビタミンDとPCOSの関係
  2. ビタミンDの効果
  3. ビタミンDを生成・摂取する方法

PCOSにとってありがたい効果が、ビタミンDにはあるのです。

ぜひ、うまくとりいれましょう☆

ビタミンDとPCOSの関係

ビタミンDがPCOSの症状を緩和させるというデータが海外の研究で明らかになりました。

研究内容:
PCOSの人にビタミンDとカルシウムの投与をした。
研究結果:
  • 男性ホルモン値
  • 生理周期の乱れ
  • 排卵

について改善がみられた

また、卵胞液内のビタミンDが増えると、妊娠率があがることも認められています。

海外の研究では、血液中と卵胞液中のビタミンDは互いに影響しており、ビタミンD濃度が高いと妊娠率が上がるという報告があります。詳細なデータによると、卵胞液中のビタミンDが1ng/mg上がると、妊娠率が6%上昇したとのこと。

参考:血液中のビタミンDと着床率

ビタミンDの効果

ビタミンDは青魚やキノコ類、卵に含まれています。

ビタミンDには着床のサポートや卵子の成熟といったはらたきがあり、PCOSの症状改善に必要な栄養素です。

  • 着床障害
  • 不育症

などの不妊要因に効果があります。

ビタミンDは、排卵をしたあとも妊娠の手助けをしてくれる大事な栄養素です。

ビタミンDの摂取・生成方法

PCOSの改善に効果があるとされたビタミンDの

  • 生成方法
  • 摂取方法

をみていきましょう。

ビタミンDの生成方法

ビタミンDは、日光浴をすることで生成させられます。

  • 1日に15分以上の日光浴で、必要量のビタミンDが生成される
  • カルシウム濃度も上がる
海外で行われた研究でも、PCOSの人にビタミンDとカルシウムが投与され、症状が改善したことからカルシウムも妊活に大事な栄養素だということがわかります。

しかし、紫外線対策の徹底などで日光浴でのビタミンD生成は難しい状態なのが現実です。

紫外線の影響も怖いよね
お肌の老化もそうやけど、ガンや白内障のリスクもあがるで

ビタミンDの摂取方法

ビタミンDの摂取については、食事からでも可能です。

ビタミンDは

  • 青魚
  • キノコ

から摂取できます。

一日の必要摂取量は5.5㎍(サケの水煮缶1/2ほど)とされています。

しかし、ビタミンDが排卵に大切だからといって、栄養バランスが崩れてしまっては意味がありません。

妊娠するにはさまざまな栄養素が必要です。

妊娠や妊活というワードにつきものな葉酸は食事だけでは必要量の摂取は難しいので、サプリメントでの摂取を推奨されています。
妊活や妊娠に必要な葉酸サプリ選びには、ビタミン類や鉄なども含まれるものを選びましょう。

バランスのとれた食事とサプリメントの摂取で、排卵を改善をしましょう。

【送料無料】鉄・カルシウム・8種類のビタミンを配合したサプリ♪
バランスのとれた食事を意識しつつ、サプリメントで補うのがオススメ

【実証済み】PCOSの改善/妊活にビタミンDは有効!意識すべきはただ1つ まとめ

  • PCOSの妊活は、排卵をさせることから始めよう
  • ビタミンDは排卵をサポートするはたらきがある
  • PCOSとビタミンDには深い関係がある
  • ビタミンDを含む、妊活に必要な栄養素はサプリを活用することも大事

ビタミンDのすごさをお分かりいただけましたか?

PCOSの妊活は、「排卵をしないこと」がつらいですよね。

まずは、乱れたホルモンバランスを整えるためにも頑張りすぎないで、体をいたわってください。
バランスのとれた食事で、体と心を元気にしましょう。

体質改善は、時間がかかることです。
妊活していると焦ってしまうことが多くありますが、必要な栄養素を取り入れて、体を整えていきましょう。

継続することが大切やで!
貴重な排卵を逃さないためにも、赤ちゃんの発達のためにも葉酸サプリは早くから飲んどこう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました